「高等教育山形宣言」プロジェクト

project

学生企画大募集!!

自分たちの企画で山形の良さ、魅力を発信してみませんか?

学長、校長等による「共同宣言」で謳われている「高等教育山形宣言プロジェクト」を支援するために助成金を交付します。
助成額は1件につき、なんと10万円!(上限)

H29高等教育山形宣言プロジェクトチラシ(PDF:188KB)
「高等教育山形宣言プロジェクト」交付要綱(PDF:131KB)
「高等教育山形宣言プロジェクト」申請書等様式(doc:26KB)

応募を希望する方は、下記まで連絡してください。

プロジェクト例
・「ゆうキャンパス祭」の開催
・「バリアフリー映画上映」
・学生プロデュースTV
・ラジオ番組の作成 など

過去に採択された「高等教育山形宣言プロジェクト」はこちらをご覧ください。
H22-28「高等教育山形宣言プロジェクト」一覧

[申込み・お問合わせ先]
大学コンソーシアムやまがた
電話:023-628-4842
—————————————————————————————————-

高等教育山形宣言プロジェクトについて

1 高等教育山形宣言プロジェクトの趣旨について

(1)高等教育山形宣言

学長、校長等共同宣言(PDF:82KB)

「大学コンソーシアムやまがた 学長、校長等が共同宣言」については、以下のページをご参照ください。

大学コンソーシアムやまがた学長、校長等が共同宣言

(2)改めて「もう一つの人づくりプロジェクト」とは

(参考)学長会議におけるプロジェクト趣旨

  • 今までの教育とは異なった、21世紀に望ましいひとづくりが「もう一つのひとづくり」という意味ではないか。
  • 悪いところを、逆転の発想で(悪いところから良いところが見えてくるような視点をもって)さらけ出すことがむしろ大事だ。
  • 知性を支える自然と調和する人づくりが、もう一つの人づくり。
  • 厳しい自然にも共感し続けてきたのが山形県民であり、共感する心が育まれているが、この共感する心が育まれるような人づくりが、もう一つの人づくり。
  • 山形の良さ、魅力、伝統文化を、学生が中心となって外に発信することに意味がある。

2 「もう一つの人づくりプロジェクト」の概要

(1)プロジェクトチーム(PT)を編成する。
(2)PTはプロジェクトを企画する。
(3)企画案のプレゼンテーション(企画会議とのすり合わせがねらい)。
(4)1PTにつき10万円(上限)の予算(全体で30万円)を準備する。

3 「もう一つの人づくりプロジェクト」の事例

(イベント関係)
・ ゆうキャンパス祭の開催
・ バリアフリー上映会の開催
・ コムミュージアム 七日町にデザイン
・ やまがた魅力発信プロジェクト in 『おいしい山形プラザ』
・ 山形探検隊が行く!
・ 「先生、元気にやってます!」~母校への凱旋プロジェクト~
などなど

(広報関係)
・ やまがた魅力発見マップの作成
・ 学生によるTV・ラジオ番組の作成・放送
・ 地元新聞紙へのリレー記事掲載
などなど