蔵王温泉 木の街プロジェクト2018

本学「施工分野」の21期生が中心となり、蔵王温泉高湯通りの修景事業に取り組みました。

このプロジェクトは、蔵王温泉の観光振興、西山杉(西川町、大江町、朝日町で産出)の消費拡大、本学学生の木造施工技術による社会貢献などを目的としたもので、高湯通りの営業をやめている店舗のファサードを木製格子により修景するものです。学生は、格子の製作と現場設置を担当。時間があまりない中で、卒業制作を兼ねた集中的な取り組みになりましたが、21期生は一丸となって製作し、また設置当日は1年生有志も参加して、無事、事業を完了させました。

携わった皆さんから高く評価を頂き、この事業に参加させて頂いたことに本学として深く感謝申し上げます。プロジェクトは同じ高湯通りで今後も継続予定です。蔵王温泉を訪れる際は、是非、足をお運び下さい。

実施主体:蔵王温泉観光協会(街づくり委員会)、西山杉利活用推進コンソーシアム会議、山形工科短期大学校、および山形大学東北創生研究所(コーディネート・支援・助言)
実施期間:2018年8月1日〜2019年3月31日

格子製作1 大工の技を活かして

格子製作2

 

格子製作3

作品の検討

 

現場設置

機械工具も使用

 

現場加工

皆で力を合わせて

 

仕事がはかどってきました

下地の形が見えてきました

 

試しに1枚

完成 温泉街の雰囲気に合っています

 

皆さんお疲れ様でした

今後も展開します

山形工科短期大学校facebook