consortium-y のすべての投稿

小学生体験学習「イヌワシふれあい体験! in やまがた 2017」を開催しました

「イヌワシふれあい体験」が11月12日(日)に小学生と保護者18家族34名の参加を得て開催されました。
この事業は、小学生のみなさんに里山と生き物の大切さ、自然を守ることの大切さを学んでもらうことを目的としているもので、今年で5回目の開催となります。
第1部は、講師に自然保護活動や猛禽類の調査を行っている「イヌワシの森倶楽部」代表の高橋 誠 氏をお迎えし、山形の自然のなかに住んでいるいろいろな生き物やイヌワシの生態などのほか、山形・東北の自然環境を守っていくために大切にしなければならないことなどを貴重な映像とともにお話いただきました。

第2部は、日本唯一の鷹匠 松原英俊 氏とイヌワシのコンロンに登場してもらい、小さい時から動物が大好きだったという松原さんが、中学生の時に林の中へ白鷹(シロハヤブサ)を追ったこと、蛇のアオダイショウを家族に内緒で段ボールに飼っていて、逃げられて大騒ぎになったことなど、様々な動物たちとのかかわりをお話していただきました。また、鷹匠となるまでにいろいろご苦労されたこと、最初の獲物を獲るまでに4年半かかったこと、そして自分の夢を追い求めることの大切さについて話をしていただきました。
話の途中でイヌワシが羽ばたくと、起こる風の強さに「おーっ」と子どもたちに驚きの声が上がりました。

今回の「イヌワシふれあい体験」を通して、子供たちが自然界に生きる動物たちとそれを取り巻く厳しい環境を知ることで、自然の大切さを学んでいただけたものと信じております。

(事務局長 齋藤)

「やまがた夜話」放送大学山形学習センター教養講座


「やまがた夜話」放送大学山形学習センター教養講座チラシ

「やまがた夜話」放送大学山形学習センター教養講座

目 的: 各専門分野の講師をお招きしテーマごとにお話いただきます。
テーマ: 放送大学山形学習センター所長、客員教員による教養講座
期 日: 平成29年12月20日(水)、平成30年1月10日(水)、11日(木)、31日(水)、2月7日(水)、14日(水)、21日(水)
時 間: 18:30~19:30
対 象: 高校生・大学生・一般の方々どなたでもご参加いただけます(定員50名)。
場 所: ゆうキャンパス・ステーション

○ 講師 ○
平成29年
12月20日(水) 佐藤 宏平 氏(放送大学客員准教授/山形大学准教授・地域教育文化学部担当)
「ライフスタイルからみる思春期・青年期のメンタルヘルス」
・ライフサイクルの観点から、思春期、青年期の特徴と、この時期のメンタルヘルスの問題についてお話したいと思います。

平成30年
1月10日(水) 栗山 恭直 氏(放送大学客員教授/山形大学教授・理学部担当)
「植物性プラスチック」
・最近、植物性プラスチックあるいはバイオプラスチックという言葉を見たり聞いたことはありませんか。植物からプラスチックを作るのです。どんなものか説明します。

1月11日(木) 冨田 かおる 氏(放送大学客員教授/山形大学教授・人文社会科学部担当)
「ことばの音に耳を澄ます」
・爺:最近の蚊は鳴かない。 婆:高域音を捉えなくなったね。
爺:じゃ外国語でも聴いて鍛えよう。 婆:いいね。

1月31日(水) 山本 陽史 氏(放送大学客員教授/山形大学教授・EM部担当)
「西郷隆盛と日本人」
・主に戊辰戦争時の庄内藩とのかかわりなど山形との縁も含め、日本人にとっての西郷隆盛はいかなる存在かを考察します。

2月7日(水) 下平 裕之 氏(放送大学客員教授/山形大学教授・人文社会科学部担当)
「『論理的に記述する』とは?」
・自分の意見を論理的に述べるためにはどのようなことが必要かを、論理的思考の
モデルを使いながら考えます。

2月14日(水) 千葉 登 氏(放送大学客員准教授/山形県立保健医療大学准教授)
「みなさん知ってますか?このマーク!」
・皆さんは街中にある様々なマークとその意味をご存知でしょうか?
医療福祉に関連のあるマークについて一緒に学びましょう!

2月21日(水) 櫻井 敬久 氏(放送大学山形学習センター所長/山形大学名誉教授)
「福島第一原発事故後5年間の山形県の放射線環境の推移」
2011年3月11日の東日本大震災に伴う福島第一原発事故により放出された放射性物質は山形県にも影響を与えた。山形大学および山形県の5年間の継続観測と調査結果に基づいて放射線環境の推移についてお話します。

【申込み・お問合わせ先】
大学コンソーシアムやまがた事務局
電話:023-628-4842 FAX:023-628-4820
メール:unicon@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

公開講座「これからのリーダーシップを考える」のご案内(学生対象)→2月に開催延期になりました。

2月に開催延期になりました。


リーダーシップ公開講座チラシ

大学コンソーシアムやまがた加盟機関の学生を対象とした公開講座「これからのリーダーシップを考える」を開講します。
変化の激しい時代を、柔軟に積極的に、豊かに生き抜くための知恵や考え方、リーダー、フォロワーとしての行動の仕方を一緒に考えていきませんか。
(「美しい山形を活用した『社会人力育成山形講座』の展開」のリーダーシップ教育のフォローアップ事業として実施します。)

◆日時
平成29年12月2日(土)10:00-17:30
平成29年12月16日(土)10:00-17:00

◆講師 山形大学客員教授 柴田 孝 氏
◆会場 ゆうキャンパス・ステーション
◆対象 大学コンソーシアムやまがた加盟機関の学生
◆定員 30名
◆受講料 無料
◆申込 チラシ裏面の参加申込書に必要事項を記入の上、FAX、郵送、メール等でお申し込みください。(メール本文に必要事項を記入し送信可)
◆申込・問い合わせ
大学コンソーシアムやまがた
〒990-0039 山形市香澄町1-3-15 山形むらきさわビル1F ゆうキャンパス・ステーション
TEL.023-628-4842   FAX.023-628-4820
E-mail unicon@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

3機関合同シンポジウム「有機エレクトロニクスを活用した未来の生活創造への女性研究者の参画」


3機関合同シンポジウムチラシ

山形大学、大日本印刷株式会社研究開発センター、山形県立米沢栄養大学の3機関は、平成27年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)の採択を受け、「有機エレクトロニクスを活用した未来の生活創造への女性研究者の参画」をテーマに連携して取組んでいます。
6年間の事業期間の中で今年度は中間年にあたります。このたびの中間報告のシンポジウムでは、女性研究者の研究成果を報告し、3年間の実績や事業の効果を振り返ります。口頭による発表の他、ポスター発表や技術発表も行います。

詳細はこちらをご覧ください。
山形大学男女共同参画推進室

小学生対象体験型学習イベント「イヌワシふれあい体験! in やまがた 2017」のご案内


イヌワシふれあい体験チラシ

小学生対象体験型学習イベント「イヌワシふれあい体験!inやまがた 2017」を開催します。

日 時:平成29年11月12日(日) 13:30~15:45
【第1部】13:30~14:30
『やまがたのしぜん~いきものと人とイヌワシと~』
講師:高橋 誠 氏(イヌワシの森倶楽部・代表)
【第2部】14:45~15:45
『イヌワシを間近で見て体感!』
講師:松原 英俊 氏(日本唯一の現役・鷹匠)

会 場:ゆうキャンパス・ステーション

対 象:小学生及び保護者

定 員:50名(保護者含む)

参加費:無料

申込締切日:平成29年11月6日(月) ※定員になり次第締め切らせていただきます。

申込方法:チラシ裏面の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX、郵送、メール等でお申し込みください。

その他:1部2部通しての参加をお願いします。また、3年生以下は保護者同伴でお願いします。

詳細はチラシにてご確認ください。

11月のやまがた夜話


夜話チラシ(11月)

11月の「やまがた夜話」

目 的: 各専門分野の講師をお招きしテーマごとにお話いただきます。
テーマ: 「世間の話」
「世間をお騒がせして申し訳ない」「世間体が悪い」「渡る世間に鬼はない」、日本人は世間を気にしながら生きています。
世間にまつわる話を縦横に語り、たまに歌います。

期 日: 平成29年11月2日(木)、8日(水)、16日(木)、30日(木)
時 間: 18:30~19:30
対 象: 高校生・大学生・一般の方々どなたでもご参加いただけます(定員50名)。
場 所: ゆうキャンパス・ステーション

○ 講師 ○
11月は4回とも山本陽史氏(山形大学教授・放送大学客員教授・日本世間学会代表幹事)が担当します。

11月 2日(木) 日本にはキリスト教徒がなぜ少ないのか~集団と個人

11月 8日(水) 傷ついた日本人はなぜ北へ向かうのか~世間の中の東北

11月16日(木) 文学に世間はどう描かれているか~万葉から漱石、山崎豊子まで

11月30日(木) 就活でなぜリクルートルックを着るのか~世間の今と明日

時間:いずれも18:30~19:30

【申込み・お問合わせ先】
大学コンソーシアムやまがた事務局
電話:023-628-4842 FAX:023-628-4820
メール:unicon@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

共同教育FD研修を開催しました

今年度は、山形大学教育開発連携支援センターと共催で共同教育FD研修を開催しました。

平成29年度山形大学教員研修会「第19回基盤教育ワークショップ」
日時:平成29年9月8日(金) 10:00~16:30
場所:山形大学小白川キャンパス 基盤教育1号館
参加者:47名

スケジュール:
【第1部 基調講演】
演題「改革に役立つカリキュラムマップの実践例:追大はモデルとなるか」
講師 追手門学院大学 基盤教育機構長 教授 池田 輝政 氏

【第2部 ラウンドテーブル】
第1分科会「学士課程教育の質保証~直接評価と基盤力テスト~」
第2分科会「初年次教育のコア・カリキュラムを考える~山形大学導入科目改革 スタートアップセミナーの事例~」
第3分科会「地域連携型キャリア教育の取組~実践と評価のポイントについて~」

10月のやまがた夜話


夜話チラシ(10月)

10月の「やまがた夜話」

目 的: 各専門分野の講師をお招きしテーマごとにお話いただきます。
テーマ: 「健康長寿へのみちしるべ」~からだの働きを知って、毎日ちょっとしたこころがけ~

期 日: 平成29年10月4日(水)、11日(水)、18日(水)、25日(水)
時 間: 18:30~19:30
対 象: 高校生・大学生・一般の方々どなたでもご参加いただけます(定員50名)。
場 所: ゆうキャンパス・ステーション

○ 講師 ○
10月は4回とも内田勝雄氏(山形県立保健医療大学名誉教授)が担当します。

10月 4日(水) 平均寿命と健康寿命

10月11日(火) 脂肪は悪もの?

10月18日(水) 諸刃の剣 -酸素-

10月25日(水) 楽すれば苦あり

【申込み・お問合わせ先】
大学コンソーシアムやまがた事務局
電話:023-628-4842 FAX:023-628-4820
メール:unicon@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

9月のやまがた夜話


夜話チラシ(9月) 

9月の「やまがた夜話」

目 的: 各専門分野の講師をお招きしテーマごとにお話いただきます。
テーマ: 「月山に学び、地域を知るⅢ」
「月山」をキーワードにそれぞれの分野で活動を続け、互いに学びあいながら「月山の魅力」を発信してきた月山マイスター。地形・景観、文学、植生、防災、歴史・民俗などを横断的に学ぶことで、新たな視点の発見で住み慣れた地域を見直すことも可能となるのではないでしょうか。
期 日: 平成29年8月30日(水)、9月5日(火)、13日(水)、20日(水)、27日(水)
時 間: 18:30~19:30
対 象: 高校生・大学生・一般の方々どなたでもご参加いただけます(定員50名)。
場 所: ゆうキャンパス・ステーション

○ 講師 ○
8月30日(水) 『月山の地形と景観』
講師:奈佐 國男 氏(月山マイスター)

9月 5日(火) 『芭蕉の歩いた「出羽路」と「月山登拝」を読み直す』
講師:田中 秀樹 氏(月山マイスター)

9月13日(水) 『2つの日本遺産を育んできた大地・月山』
講師:高野 昌二 氏(月山マイスター)

9月20日(水) 『出羽三山八方七口』
講師:児玉 勝義 氏(月山マイスター)

9月27日(水) 『月山周辺の防災』
講師:大類 正法 氏(月山マイスター)

【申込み・お問合わせ先】
大学コンソーシアムやまがた事務局
電話:023-628-4842 FAX:023-628-4820
メール:unicon@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

第19回基盤教育ワークショップのご案内

ワークショップチラシ

平成29年度山形大学教員研修会「第19回基盤教育ワークショップ」を開催します。今年度は大学コンソーシアムやまがたと共催での開催となります。教員のみなさまのご参加お待ちしております。

複数名でお申し込みの場合は、こちらの参加申込書をご利用ください。
参加申込書

【問い合わせ、申込先】
山形大学小白川キャンパス事務部教務課教育企画担当
TEL/FAX 023-628-4720
E-mail k3cen@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

平成29年度「高等教育山形宣言プロジェクト」事業を募集します!(募集終了しました)

学生企画大募集!!

自分たちの企画で山形の良さ、魅力を発信してみませんか?

学長、校長等による「共同宣言」で謳われている「高等教育山形宣言プロジェクト」を支援するために助成金を交付します。
助成額は1件につき、なんと10万円!(上限)

H29高等教育山形宣言プロジェクトチラシ(PDF:188KB)
「高等教育山形宣言プロジェクト」交付要綱(PDF:131KB)
「高等教育山形宣言プロジェクト」申請書等様式(doc:26KB)

応募を希望する方は、下記まで連絡してください。

プロジェクト例
・「ゆうキャンパス祭」の開催
・「バリアフリー映画上映」
・学生プロデュースTV
・ラジオ番組の作成 など

過去に採択された「高等教育山形宣言プロジェクト」はこちらをご覧ください。
H22-28「高等教育山形宣言プロジェクト」一覧

[申込み・お問合わせ先]
大学コンソーシアムやまがた
電話:023-628-4842
E-mail:unicon@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

第6回「日本一さくらんぼ祭り」学生パフォーマンス出演団体募集!! (募集終了しました)

募集終了しました。


第6回さくらんぼ祭りチラシ

第6回「日本一さくらんぼ祭り」学生パフォーマンス出演団体を募集します!

1 募集する内容:
日本一「さくらんぼ」祭りにおいて、「山形を、東北を、日本を元気にする“山形らしいパフォーマンス”」を行っていただける団体等

2 出演場所・日時:
本町~七日町大通り歩行者天国会場
平成29年6月17日(土)10:00-17:00【小雨決行】

3 応募資格:県内の大学、短期大学、高等専門学校の学生を主体に構成する団体

4 募集団体数:10組程度

5 留意事項:募集要項をご覧ください

6 申し込み
応募用紙に必要事項を明記のうえ、郵送、FAX又はEメールで、平成29年5月12日(金)【必着】まで下記応募先あて提出してください。

7 決定方法
日本一「さくらんぼ」祭り実行委員会及び大学コンソーシアムやまがたにおいて、応募内容を審査し、出演者を決定いたします。出演の可否については、5月下旬に応募者あて連絡いたします。

8 募集要項と応募用紙
募集要項と応募用紙(PDF)
応募用紙(Word)

9 お問い合せ・応募先
第6回「日本一さくらんぼ祭り」出演者募集事務局(担当 中村/今田)
〒990-0042 山形市七日町四丁目16-18 (株)山形アドビューロ内
電話:023-641-2160 FAX:023-641-2163
E-mail:h-konta@y-ab.co.jp

第6回「日本一さくらんぼ祭り」

6月のやまがた夜話


夜話チラシ(6月)

6月の「やまがた夜話」

目 的: 各専門分野の講師をお招きしテーマごとにお話いただきます。
テーマ: 知っておきたい「感染症」
山形大学医学部附属病院、米沢市立病院の医師として多くの臨床経験をされてきた八幡先生に、今回は様々な「感染症」のお話をしていただきます。
期 日: 平成29年6月7日(水)、13日(火)、21日(水)、28日(水)
時 間: 18:30~19:30
対 象: 高校生・大学生・一般の方々どなたでもご参加いただけます(定員50名)。
場 所: ゆうキャンパス・ステーション

○ 講師 ○
6月は4回とも八幡芳和氏(山形県立米沢栄養大学教授)が担当します。

6月7日(水) インフルエンザ

6月13日(火) SARS(サーズ)

6月21日(水) AIDS(エイズ)

6月28日(水) ツツガムシ病

【申込み・お問合わせ先】
大学コンソーシアムやまがた事務局
電話:023-628-4842 FAX:023-628-4820
メール:unicon@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

5月のやまがた夜話


夜話チラシ(5月)

5月の「やまがた夜話」

目 的: 各専門分野の講師をお招きしテーマごとにお話いただきます。
テーマ: 「今さら聞けない?江戸のしくみ」
俳人小林一茶の映画が公開されるなど、いま空前の江戸ブームが起きています。知っているようで知らない江戸の文化や社会のしくみについて知り、時代小説・時代劇を十倍楽しめるようになりましょう。

期 日: 平成29年5月9日(火)、16日(火)、24日(水)、31日(水)
時 間: 18:30~19:30
対 象: 高校生・大学生・一般の方々どなたでもご参加いただけます(定員50名)。
場 所: ゆうキャンパス・ステーション

○ 講師 ○
5月は4回とも山本陽史氏(山形大学学術研究院教授/放送大学客員教授)が担当します。

5月9日(火) 生活のしくみ 世間・お金・暦

5月16日(火) 芸能界のしくみ 歌舞伎・浄瑠璃・放浪芸

5月24日(水) 俳人のしくみ 芭蕉・蕪村・一茶

5月31日(水) 大衆文学のしくみ 出版と戯作・浮世絵

【申込み・お問合わせ先】
大学コンソーシアムやまがた事務局
電話:023-628-4842 FAX:023-628-4820
メール:unicon@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

「モンテディオ杯 雪中棚田サッカー大会in大蕨2017」を開催しました

『FCあでだす 2連覇!』

2月18日(土)に山辺町大蕨地区において、「モンテディオ杯 雪中棚田サッカー大会in大蕨2017」が開催されました。
この事業は、「モンテ棚田米発祥の地」である山辺町大蕨の棚田の中でサッカーを行うことを通して、モンテディオ山形のチームとサポーター、サッカーファンそしてモンテディオ山形のホームタウン住民が交流を深める場を創出するとともに、「棚田での雪中サッカー」という新たなサッカーの楽しみ方を体験してもらうことで、モンテディオ山形を起点とした元気な地域づくりに貢献することを目的としており、今年で6回目を迎えました。
昨年に続いて前日の雨の影響が心配されましたが、当日は雪も十分で時折薄日も射す絶好のコンディションとなり、東北芸術工科大学の女性スタッフの進行で主催者による開催の挨拶、山辺町長及びモンテディオ山形社長の歓迎の挨拶の後、一般参加10チームにモンテディオ山形ジュニアユースの2チームを加えた12チームにより白熱した競技が繰り広げられました。
この結果、決勝は昨年優勝の「FCあでだす」と初出場の「ハイメカ」の顔合わせとなり、延長戦の末1対0で「FCあでだす」が見事2連覇を果たしました。また、3位にはモンテディオ山形ジュニアユースAチームを下した「AGASUKE」がなりました。
競技終了後は場所を中地区公民館へ移し、表彰式と地元有志の会が腕を振るってくれた「わらび汁」を食べながら各チームが和やかに交流を深めました。
本大会の模様は、NHK及びYTSのニュースでも紹介されました
本大会開催にご協力をいただいた、中地区有志の会、グループ農夫の会、山辺町、山形県スポーツ振興21世紀協会、㈱モンテディオ山形、山形県及び東北芸術工科大学学生スタッフの皆様に心から感謝申し上げます。
(事務局長 齋藤)

大会の様子